園のご紹介

沿革

聖愛幼稚園は、キリスト教プロテスタント系の日本キリスト教団八代教会から誕生した幼稚園です。1917年(大正6年)10月1日に創設され、長い歴史と八代で多くの卒園生を出している幼児教育では伝統のある幼稚園です。

1988年(昭和63年)本園の幼児教育が公認されて「学校法人八代聖愛学園 聖愛幼稚園」となりました。

また、2014年(平成26年)には、幼児教育と保育を子どもたちみんなが平等に受けられるようにとの願いから、保育園を併設した「認定こども園 聖愛幼稚園」となり、建学の精神を受け継いで今日に至っています。

教育理念・目標

キリスト教の精神に基づいて神と人と自然を愛し、良く遊び、よく考え、よく友だちと親しむ、幼児期から自主と自律を養う、少人数の教育、教職員と園児が愛の心でつながっている愛と感謝の教育を目標としています。

◎神様を敬い、感謝する
◎いきいきと遊び、共に生きる
◎自然・命・人権・平和を大切にする